2018.04.10

ウイングトラベル

UNWTO観光大使にサッカーのメッシ選手

スポーツと観光連携、責任ある観光を促進

 国連世界観光機関(UNWTO)は、世界的なサッカー選手のライオネル・メッシ選手を観光大使に任命した。スポーツと観光のつながりを促進し、責任ある観光へ変革を促進するためのプロモーション活動を行う。
 任命式は4月7日にバルセロナで行われ、ズラブ・ポロリカシュヴィリUNWTO事務局長から、メッシ選手に任命状が手渡された。
 メッシ選手は、「私は旅行を通じて、様々な文化や社会、世界を知るための方法を知る機会を得た。これは非常に豊かなこと。UNWTOは国連の専門機関として、観光を発展させるために活動しており、責任ある観光を促進するための活動に加わることができて大変嬉しい」とコメントした。
 一方、ポロリカシュヴィリUNWTO事務局長は、「メッシは類い希なるスポーツマンであり、彼が我々の活動に加わり、ツーリズムが生み出すプラスの価値と利益を促進することは大変光栄なことだ」と歓迎した。

 

※写真=UNWTOの観光大使に任命されたメッシ選手(右)と、ポロリカシュヴィリUNWTO事務局長