2020.11.20

WING

山崎統幕長、日米韓参謀総長級テレビ会議参加

日米韓3ヵ国の防衛協力強化などで一致

 統合幕僚監部は11月19日、統合幕僚長の山崎幸二陸将が、同日に実施した日米韓参謀総長級テレビ会議に参加したと発表した。日米韓の参謀総長級会合は昨年11月のテレビ会議以来約1年振りとのこと。
 テレビ会議には、山崎統幕長、米統合参謀本部議長ミリー陸軍大将、韓国合同参謀本部議長ウォン大将が参加したほか、デービットソン米インド太平洋軍司令官、エイブラムス在韓米軍司令官、シュナイダー在日米軍司令官も参加している。
 テレビ会議では、山崎統幕長、ミリー米統合参謀本部議長、ウォン韓国合同参謀本部議長の3者は北東アジア地域の長期的な平和と安定に資する3ヵ国の防衛協力について協議。山崎統幕長は、法と秩序に基づくインド太平洋地域の平和と安定の実現、北朝鮮の違法な「瀬取り」への対応を含む、全ての関連する国連安保理決議の完全な履行のために日米韓3ヵ国で連携することの重要性について発言。・・・

 

※写真=日米韓参謀総長級テレビ会議が約1年振りに開催。左から山崎統幕長、ミリー米統合参謀本部議長、ウォン韓国合同参謀本部議長(提供:統合幕僚監部)