2020.11.20

ウイングトラベル

★7-9月期日本人国内旅行消費額、56.3%減の2.9兆円

 旅行者数は8574万人、4-6月期より減少幅低下
 
 観光庁が発表した今年7-9月期の日本人国内旅行消費額(速報値)は前年同期比56.3%減の2兆9241億円となった。また、日本人による国内延べ旅行者数は49.4%減の8574万人、1人1回あたりの旅行単価は13.7%減の3万4104円となった。緊急事態宣言が発令され都道府県をまたぐ移動が自粛されていた4-6月期は消費額が83.2%減、旅行者数は77.5%減となっていたが、ここからは減少幅は低下する格好となった。移動自粛が解除されたことやGo Toトラベルキャンペーンが開始されたことなどが今回の実績につながったと見られる。