2020.09.17

WING

スターフライヤー、10月も838便を運休

コロナ影響で需要減退、運休率41%に

 スターフライヤーは9月16日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減退で、10月も計838便を運休することを発表した。
 期間中、当初計画では2046便を運航する計画だったが、838便を運休するため、期間中の運休率は41%に達する。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、いよいよ10月の運航計画にも甚大な影響を及ぼす。スターフライヤーは10月も計画の41%を運休することを決め、低迷する需要に対応する。

※写真=スターフライヤーは10月に838便を運休