2019.04.23

WING

将来戦闘機用小型熱移送システムの試験用器材で契約

三菱重工が9億1692万円で受注

 防衛装備庁は先頃、将来戦闘機技術のひとつである「将来戦闘機用小型熱移送システムの試験用器材」一式について三菱重工と9億1692万円で契約した。これはステルス戦闘機の機内で発生する電子機器の発熱を、燃料を媒体として移送する熱移送システムを試作するもので、開口部の少ないステルス機特有の問題解決手法のひとつとされる。