2019.03.14

WING

JAL・KDDI、「5G」を用い航空機整備で実証実験

AR遠隔作業支援システムも合わせて検証
 
 日本航空(JAL)とKDDI総合研究所およびKDDIは3月13日、共同で次世代移動通信規格「5G」を用いた実証実験の第2弾として航空機整備の遠隔作業支援等に関する実証実験を行うと発表した。
 今回の実証実験で行うのは、「4K解像度の映像を用いた、整備作業の遠隔業務支援」と「8K解像度の映像を用いた、同一拠点内での整備作業支援」の2つ。現在の4G/WiFiの通信環境では、通信速度や要領の問題により簡易的な作業支援に留まっていたが、これらの課題を解決し、より高度な業務支援に繋げられるかという観点で検証する。
 

 

※画像=「4K解像度の映像を用いた、整備作業の遠隔業務支援」のイメージ図(提供:日本航空)

※画像=「8K解像度の映像を用いた、同一拠点内での整備作業支援」のイメージ図(提供:日本航空)