2019.02.12

ウイングトラベル

KNT-CT第3四半期決算、売上総利益2%減

営業益29%減、災害と個人旅行の競争激化

 KNT-CTホールディングスの第3四半期(4-12月)決算は、売上高が前年同期比0.8%増の3207億2200万円と微増したものの、売上総利益は2.0%減の548億1600万円、営業利益は29.0%減の30億3100万円、経常利益は25.0%減の32億7500万円と減益、四半期純利益は2.8%増の26億円と増益を計上した。
 営業利益の減益は、相次ぐ自然災害に伴うキャンセル費用の発生、個人旅行商品の競争激化が影響した。純利益で増益したのは、連結子会社間の合併に伴う税負担の軽減効果で、法人税等の合計が前年同期の16億900万円から4億7100万円に減少したことによるもの。