2018.04.17

ウイングトラベル

日本旅行、シドニーで送客倍増へ決起大会

堀坂社長「豪州に強い日本旅行」めざす

 日本旅行は4月14日、オーストラリアへの送客拡大を図るため、シドニーで決起大会を開催し、堀坂社長は冒頭の挨拶で、「2020年までの継続的な取組みによって『オーストラリアに強い日本旅行』をめざす」と決意表明した。同社では、今回の決起大会を機に、オーストラリアへのさらなる販売拡大を図り、中期経営計画最終年度の2020年には、2017年度実績比で2倍の送客をめざす。
 日本旅行は、2017年度から2020年度までの中期経営計画「VALUE UP 2020」をスタートさせ、海外旅行では4つの国・地域を「No1戦略国」と設定し、オーストラリアもその一つとして送客拡大に取り組んでいる。
 4月14日の決起大会には、堀坂社長、大槻取締役(海外旅行担当役員)、高橋執行役員・海外旅行事業部長をはじめ、セールス、店頭、提携販売の各部門、日本旅行グループの日本旅行北海道、日本旅行東北、日本旅行サービス、日本旅行オーエムシートラベル、現地法人のNTAオーストラリア、そして提携販売店の代表各社合わせて80名が参加した。また、オーストラリア政府観光局(TA)からはアンドリュー・ホグ北アジア地区局長、中沢日本局長が出席した。
 決起大会は2部で構成され、第1部のセミナーでは堀坂社長の訓示の後、TA中沢日本局長が基調講演を行い、時差が少なさ、19の世界遺産、都市や自然等、多様性のあるプロダクトなど、オーストラリアの魅力と現状について説明した。
 基調講演に先立ち、アンドリュー・ホグ北アジア地区局長が歓迎の挨拶を行った。
 これを受けて、高橋執行役員・海外旅行事業部長が決起大会を契機とした今後の取り組みと展開を説明した後、商品造成担当者が今後の具体的商品展開、グループ会社のNTAオーストラリアが現地の最新情報を説明した。
 決起大会第2部はクルーズ船を貸し切ってのシドニー湾クルーズパーティーを開催、ユニークベニューとしての利用方法について学んだ。クルーズ船からのシドニーの夜景を見た参加者は「自ら感動を体験することで、自信をもってお客様にご案内できる」と感想を述べた。最後に参加者の代表が送客拡大に向けて決意表明した。

 

 豪州各地視察、帰国後全員が販売推進リーダー
 製販一体でプロジェクトチーム、商品造成へ

 決起大会前には参加者は4班に分かれ、メルボルンやケアンズ、シドニーなどの視察旅行を実施し、パンフレットやインターネット、VRではなかなか感じることができないオーストラリアの魅力を自らが体験・共感することを学んだ。帰国後は参加者全員が販売推進リーダーとなり、販売推進に努めるとともに、自らが体験した感動や楽しさ等のオーストラリアの魅力を顧客や社員に伝える役割を担う。
 参加者からは、「自分がイメージしていたメルボルンとは少し違った。体感することで自信を持ってお客様にお勧めできる。メルボルンはとくに女子旅にお勧めしたい」、「以前訪れたシドニーとは変わっている。最新の情報をお客様や周囲の社員に伝えたい」、「20年前に海外挙式とハネムーンでオーストラリアを訪ねて以降、オーストラリアは『次に行きたい海外旅行先』の優先順位が下がっていた。今回の視察旅行を経験して、優先順位が格段に上がった。お客様にもこの楽しさをお勧めしたい」等のコメントがあった。
 同社は製販一体取組の具体策の一つとして、今回の視察旅行を実施。参加者は商品造成担当者とプロジェクトチームを編成。プロジェクトチームの意見は今後の商品造成に活かされる。

 

※写真=堀坂社長を中央に、TA関係者、オーストラリア販売推進リーダー全員と記念撮影。

 

※写真=左から、日本旅行の堀坂社長、オーストラリア観光局のアンドリュー・ホグ北アジア地区局長、同じく中沢日本局長

 

※写真=オーストラリアの魅力と現状について説明するTA中沢日本局長

 

※写真=オーストラリアの魅力を聞き、メモを取る参加者

 

※写真=シドニー湾クルーズ船、キャプテンクック・クルーズⅢの前で、左から高橋日本旅行海外旅行事業部長、中沢TA日本局長、堀坂日本旅行社長、リチャード船長、アンドリュー・ホグTA北アジア地区局長、岩本NTAオーストラリア社長