2018.04.17

ウイングトラベル

マリオット、8月にポイントプログラム統合

平均20%ポイントアップ、新名称は来年発表

 マリオット・インターナショナルは、マリオットリワード、ザ・リッツ・カールトンリワード、スターウッドプリファードゲストの3つのプログラムを、8月に1つのロイヤリティプログラムへ統合すると発表した。統合で会員は1米ドルごとに平均20%も多くのポイントが獲得でき、かつてない優遇特典のホテルロイヤリティプログラムとなる。会員は、127カ国・地域に展開する29のグローバルブランド、6500以上のホテルで、宿泊予約やポイント獲得、交換が可能となる。
 さらに、マリオットでは体験型プラットフ ォームの「Moments(モーメンツ)」を拡大し、すべての顧客が購入できるアトラクションチケットやツアー、「Moments Live(モーメンツ・ライブ)」を含むポイントを利用した会員限定のイベント約1000 カ所、11万種類の体験を新た用意する。
 マリオットによると、8月から1つのアカウントへと統合されるが、名称は2019年に新たなプログラム名が発表されるまでは、1つになった特典のもとで、現在の名称が継続される。また、8月からは、Marriott.com、SPG.com、マリオット、SPGのアプリで、マリオット・インターナショナルブランドの全てのホテルが予約できる。