2018.11.27

WING

装備庁、将来三胴船コンセプトの研究進める

双方の情報共有で日米共同研究も始まる

 

 防衛装備庁は先頃、将来三胴船コンセプトの研究の進捗状況を「技術シンポジウム2018」で発表、小型高速でヘリコプターの発着艦が可能な機雷対処および監視等の多用途艦艇のコンセプトを進化させ、日米共同研究として双方の研究の情報共有を行っていることを明らかにした。
 想定している三胴船の規模は満載排水量約1500トン、全長約91メートル、全幅約21メートルで最大速力35ノット以上。重量14トン級の中型ヘリコプター(MCH-101を想定)の運用が可能な広いヘリ甲板と格納庫を備える。ヘリ甲板下に面積730平方メートルのミッション・ベイを備え、掃海具や無人機、複合艇、物資等を搭載する。機関はディーゼルで3基のウォータージェット推進装置で高速を発揮する。船体構造は全アルミ合金製とする。

 

※写真1=将来三胴船のコンセプトデザイン(技術シンポジウム2018で撮影)

 


※写真2=各種任務に対応できるミッション・ベイの多用途例(技術シンポジウム2018で撮影)