2021.02.26

WING

神戸空港滑走路補修、仕様満たさないアスファルトで再工事

当面の運用に支障なし、長期的な耐久性劣る可能性

 関西エアポートは2月25日、神戸空港で実施している滑走舗装改修工事の一部のエリアで、指定した仕様を満たしていないアスファルト混合物が用いられていたことが判明したことを発表した。当面の滑走路運用に支障はないものの、長期的な耐久性が劣り、滑走路の劣化が早まる可能性があるとして工期を延長して再工事を実施することにした。
 関西エアポートによれば、工事に用いるアスファルト混合物の納品元である・・・・。

※写真=神戸空港で進められている滑走路補修工事で一部の工事エリアに仕様を満たさないアスファルト混合物が利用されていたことが判明。当面の運用に支障はないものの、再工事を実施することに。写真は神戸空港