2020.11.20

ウイングトラベル

★安心安全と最新情報、魅力的オファー提供カギ

 トラベルポート、OTA向けウェビナー開催

 トラベルポートジャパンは、「OTAがコンバージョンを上げるために、今できること」と題したOTA向けのウェビナーを開催、最新データによる今後の需要動向、また自社プロダクト/サービスを交えながら、同社取締役支社長の岡安美里氏は、OTAのコンバージョン(成約率)アップにつながるキーワードとして、「安心安全」「最新情報」「魅力的オファー」の3点を挙げた。
 まず「データから読み解くマーケットと旅行者の動向」として、トラベルポートGDSの検索/予約データを紹介。販売チャネル(OTA、中小旅行会社、TMC、ツアー会社)と、旅客属性(出張、ひとり旅、ファミリー、グループ)の動向から、OTAと出張(コーポレート)の回復が早い点を挙げた。また地域ごとの動向についても触れ、国内線を中心にマーケットが回復している状況にあるという。