2020.10.16

WING

ANA、南予地域の観光型MaaS実証に参画

デジタルフリーパス発行、ANAアプリと連動も

 全日空(ANA)は10月15日、愛媛県南予地域における観光型Maasの実証実験を開始することを発表した。実証実験は10月29日から12月31日まで実施する計画だ。
 この実証実験は、KDDI、南予広域連携観光交流推進協議会、四国旅客鉄道、伊予鉄バス、宇和島自動車、瀬戸内ブランドコーポレーション、愛媛県バス協会、そして石崎汽船の計9者で行うもの。この9者で実証実験の実施に向けて「南予観光型MaaS実証実験協議会」を設立し、南予地域の交通機関をおトクに利用できる「えひめ いやしの南予デジタルフリーパス」を販売する。アプリダウンロードや会員登録、クレジットカード登録が不要な観光型MaaSサービスを提供する。
 ANAらによれば、南予地域は日本一細長い佐田岬半島、リアス式海岸の足摺宇和海国立公園など風光明媚な景観を有する一方、南予地域の交通機関はクレジットカードや交通系ICカードへの対応状況が統一されていないことや経路検索ですべての交通機関が検索されないことなどの課題があるという。・・・

 

※画像=ANAら9者団体が南予地域で観光型MaaSの実証実験を行う(提供:ANA)