2020.09.16

WING

IATA、カナダ政府はエア・カナダらのコロナ試験支援を

41万人の雇用、GDPで390億カナダドルが危機に

 国際航空運送協会(IATA)は9月14日(モントリオール現地時間)、エア・カナダとウェストジェットによる新型コロナウイルス試験の取り組みを強く支援することを要請した。今年3月に検疫措置が導入されて以来、カナダへの国際便は激減しているとして、危機感を強めている。
 IATAによれば、カナダ政府が講じている検疫措置に対して、カナダの人々の安全を守ると同時に経済を活性化させることができる代替案があると指摘。国際民間航空機関(ICAO)による階層的アプローチがその一つだとし、「エア・カナダとウェストジェットが実施しているテスト作業は、別の次元を加えたものだ」として、その取り組みを政府がバックアップすることを求めた。
 IATAのアレクサンドル・ドゥ・ジュニアックCEOは、「経済的・社会的損害が恒久的なものとなり、大量失業の影響が拡大する前に、カナダ政府が対処することが重要だ」と強調した。・・・

 

※写真=IATAはカナダ政府にエア・カナダらの取り組みを支援するよう強く要請した(提供:IATA)