2020.07.31

ウイングトラベル

★ユーラシア第3四半期、純損失1500万円

 海外旅行の催行困難、4-6月営業収益99.4%減

 ユーラシア旅行社の2020年9月期の第3四半期(19年10月-20年6月)連結決算は、営業収益が前年同期比46.3%減の23億3600万円と大幅な減収となり、営業損失1億2400万円、経常損失1700万円、四半期純損失1500万円の赤字となった。
 新型コロナウイルスの感染拡大で海外旅行の催行が困難となり、第3四半期(4-6月)の営業収益は99.4%減少した。営業外収益では、コロナの影響で申請受給した雇用調整助成金等8100万円(うちユーラシア旅行社3500万円、ユーラシアサービス4600万円)を営業外収益に計上した。また、為替差益1100万円、保険積立金解約益900万円などと合わせ、営業外収益を1億600万円計上した。
 なお、通期連結業績予想は、営業収益は57.3%減の24億4700万円、営業損失2億5700万円、経常損失2億4100万円、当期純損失2億4400万円を見込んでいる。