2020.07.31

WING

成田20年上期は旅客・発着とも厳しい減少

活発な国際貨物臨時便、発着は04年以来の最高値

 成田国際空港会社(NAA)は、成田空港の2020年上期(2020年1月1日-6月30日)運用状況で、航空旅客数が前年同期よりも61%減少した836万4557人で、発着回数が38%減少した7万9880回だったと発表した。1月には中国線の新規・増便などで旅客・発着とも数を伸ばしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大による出入国制限や、緊急事態宣言の影響を受けて、いずれも大幅に減少した。しかしながら、国際旅客便の運休・減便によって貨物スペースが大幅に減少したため、多数の国際貨物臨時便が運航された。そのため国際貨物便の発着数は前年よりも29%増えた1万5291回となって、2004年以来の最高値更新となった。・・・

 

7月25日まで速報値、出国者97.7%減で低調続く
国内発着は4月なみの水準、回復傾向に

 

※写真=旅客便が著しく減少した20年上期。一方で国際貨物便の発着は過去最高に