2020.07.01

ウイングトラベル

★世界の感染者1043万人、米国・ブラジル拡大

 ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(JHU-CSSE)の集計によると、7月1日午前8時半現在の新型コロナウイルス感染症の累計患者数は、世界188カ国・地域で1043万4835人、死亡者数は50万9779人、快復者数も532万2785人に達した。
 新型コロナウイルス感染者数は6月29日に15万6400人と3日連続で減速したが、高止まりを続けている。
 米国は29日に4万1700人と再び増加し、過去4回目の4万人台を記録した。累計は262万9372人、死亡者は72万631人。当初感染が拡大したニューヨーク州、ニュージャージー州などの東部は減速したものの、新型コロナウイルス感染症は米国全土に広がっている。
 とくに、カリフォルニア州は29日に8300人と23日の6700人を1000人以上も上回る過去最多を記録し、累計感染者は22万6851人に増加した。29日はテキサス州も6600人、アリゾナ3800人と過去最多、フロリダ州5300人、ジョージア2200人と抑制が効かない状況だ。
 一方、29日にブラジルは2万4100人、累計140万2041人、ロシアは6700人、累計64万6929人、インドは1万8500人、累計56万6840人、南アフリカは6100人、累計15万1209人。ブラジルとインド、南アフリカは拡大傾向、ロシアは段階的に減速している。

 

※世界の新型コロナウイルス感染者推移(出典:JHU-CSSE)