2020.06.30

WING

JJP、7月下旬に国内13路線で90便追加減便

7月減便率、2.8ポ増の56.7%に

 

 ジェットスター・ジャパンは6月29日、来る7月22日から7月31日までの間、国内線13路線において追加で90便を減便する。昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空需要減退の影響を鑑みた措置。なお、今回の追加減便によって、同社の7月下旬における減便率は前回発表に比べて8.8ポイント増加した28.3%となった。7月全体の減便率は、2.8ポイント増加した56.7%になった。

 

 

※写真=ジェットスター・ジャパンは7月下旬に90便を追加減便することを決定。7月中の減便率が56.7%に拡大した