2020.06.16

ウイングトラベル

★Go Toトラベルキャンペーン、8月上旬開始へ

 観光庁、本日より運営事務局の公募開始

 政府による一連の業務委託費を巡る問題を受けて、「Go Toキャンペーン」の統一事務局の公募が一旦中止されていたが、観光庁は本日6月16日より、「Go Toトラベル事業」に関する運営事務局の公募を開始し、8月上旬の事業開始をめざして準備を進める方針を発表した。当初、「Go Toキャンペーン」は7月下旬の事業開始をめざしていたが、旅行、飲食、イベント、商店街の各事業ごとに各省庁が運営事務局を再公募するタイムロスがありながらも、事業の開始時期の遅れを最小限に抑え、8月上旬から「Go Toトラベルキャンペーン」をスタートさせたい考えだ。事業の進行スケジュールとしては、8月上旬から「Go Toトラベル」の対象商品の販売と予約受付を開始し、1〜2週間後の旅行から割引等が適用となるイメージで、ピークシーズンとなる夏休みの旅行需要喚起に間に合わせたい考えだ。

 

 赤羽大臣「夏休みの早い段階で事業開始を」
 観光産業非常に厳しく、スピード感持って実施

 赤羽一嘉国土交通大臣は、6月16日午前に行われた閣議後会見で、「Go Toキャンペーンについては、各事業を担当する省庁ごとに再公募を行うことになり、国交省として運営事務局の公募のあり方を検討し、本日公募を開始した。今後、公募に関する説明会を経て、6月29日までに提案書の提出を求め、去る6月12日に立ち上げた有識者4名を含む企画競争員会で審議して選定する。審査プロセスの公平性と透明性を確保し、説明責任を果たしつつ、スピード感をもって進めたい」と述べ、「観光関連産業は非常に厳しい状況にある。夏休みの早い時期の開始をめざし、可能な限り速やかにしっかりと準備を進めるとともに、感染症の専門家の意見などを聞きながら、地域振興に資する事業にしたい」として、事業の早期開始に向けて準備を急ぐ意向を示した。

 

■事業概要発表、個人・団体旅行ともに割引対象
 地域共通クーポンは紙媒体と電子媒体を併用
 事務局は旅行1万社、宿泊5万施設に事業説明
 クーポン2〜3億枚発行、100万店舗の加盟目標

※写真=赤羽一嘉国土交通大臣

 

※「Go Toトラベル事業」の概要
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001348677.pdf

 

※観光庁による企画競争実施の公示
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001348682.pdf

 

※企画競争説明書
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001348675.pdf

 

※補足資料
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001348676.pdf