2020.05.22

WING

スターフライヤー、6月は中旬までに558便運休

 スターフライヤーは5月21日、6月1日〜14日までの間を対象とした追加の運休・減便を発表した。それによると、期間中、558便の運休・減便を追加した。
 これにより、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で運休・減便を開始した3月11日以降、国内線の累計運休・減便数は2876便に達した。当初の事業計画では、期間中、6528便を運航する計画だった。
 なお、国際線(北九州−台北、中部−台北)については、・・・・。