2020.03.26

ウイングトラベル

感染爆発の重大局面、外出・イベント自粛要請

小池都知事、4月12日を待たずに状況は悪化

 東京都の小池百合子知事は3月25日、都内の新型コロナウイルス感染者が同日に41人と一挙に増加したことを受け、「新型コロナウイルスの感染爆発の重大局面にある」と指摘、平日の在宅勤務、夜間、週末の外出自粛、イベント、ライブハウスなどの自粛を強く要請した。
 東京都の感染者は3月23日に16人、24日に17日、25日に41人と3日間で74名増加し、都道府県最多の212名にまで達している。
 小池知事は23日の会見で4月12日までの3週間が爆発的増加(オーバーシュート)の「分かれ道」と説明。爆発的増加について、「4月12日を待たずとも状況が悪化している」とし、「このままの推移が続けば、ロックダウンを招いてしまう」と述べ、その重大局面であることをあらためて強調した。

 

※東京都の新型コロナ感染者数の推移