2020.02.14

WING

春秋航空日本、航空博物館に客室訓練モックアップ

2月中に正式稼動、CA訓練以外の日は一般公開

 春秋航空日本は2月13日、成田空港に隣接する航空科学博物館「体験館」(千葉県芝山町)に、実機の客室を改装したモックアップ訓練施設を設置することを発表した。春秋航空日本によれば、実機を改装した客室のモックアップ訓練施設の製作は日本のLCCとしては初めての試みとのことで、2月中に正式に稼働する計画だ。
 春秋航空日本としては今後、客室乗務員の訓練施設として使用する一方、「航空」をより身近に感じることができるよう、訓練以外の日は来館者に公開展示する予定にあるとしている。
 製作したモックアップ訓練施設には、春秋航空日本が運用している737-800型機に近づけるため、同じ737型機を使用。機体はアメリカ・カリフォルニア州にある「飛行機の墓場」とも呼ばれるサンバーナーディーノ国際空港から機材を選定した。・・・・・・・・・・・