2020.02.12

ウイングトラベル

台湾への渡航に「入境健康声明書」を記入

 台湾衛生福利部疾病管制署は新型コロナウイルスの関連で、2月11日から入境者に対して、「入境健康声明書」への記入を求める措置を発表した。同日から国境検疫措置を強化するため、中国、香港、マカオ以外からの全ての入境航空便旅客は、入境健康声明書に入境14日以内に中国、香港、マカオ等の地域への渡航歴、接触歴を記入する。事実と異なる記載をしたり、拒否、逃避、妨害を行った者には、法律に基づき最高15万元の罰金が科される。