2020.01.16

WING

自動車の巨人・トヨタ自動車がeVTOL機に進出

ジョビー・アビエーションに出資・協業、最終的に量産化も

 トヨタ自動車が1月15日(米国現地時間)、空飛ぶ車の早期実現に向けて、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進める米国のJoby Aviation(ジョビー・アビエーション)と協業することを発表した。同社は最終的にはeVTOL機の量産化を実現したいとしており、トヨタ生産方式など、自動車産業で培ってきた技術、ノウハウを、eVTOL機に適用して事業化することを目指す。
 トヨタ自動車によれば、ジョビーが合計5.9億ドルを調達したシリーズCの出資ラウンドのリードインベスターとして、3.94億ドルの出資を行ったとのこと。さらに、トヨタ自動車の友山茂樹副社長が同社の取締役に就任することも明らかにした。なお、トヨタ自動車は機体の詳細及び生産計画など協業の具体的な取り組み内容については追って公表予定だとしている。
 昨今の都市部の渋滞や環境負荷の低減、また過疎地域の輸送手段の確保など、様々な交通課題の解決に向け、eVTOLを用いたモビリティサービスの実現が期待されている。日本でも官民協議会を通じてロードマップが策定されるなど、機体開発や制度設計が急がれている。
 そうしたなかトヨタ自動車は予てよりeVTOL機に注目。自動車、航空業界出身のエンジニアで結成した有志団体「CARTIVATOR」に出資するなど、空飛ぶクルマの早期実現に向けた取り組みを行ってきていた。
 トヨタ自動車はeVTOLの開発・製造における技術は、・・・

 

※画像=Joby Aviationの垂直離着陸電動機。世界トップの自動車メーカーが本格的にeVTOL機に乗り出す(提供:トヨタ自動車)