2020.01.16

ウイングトラベル

日本で初めて新型コロナウイルス肺炎患者発生

武漢市滞在も海鮮市場立ち寄らず、肺炎患者と濃厚接触か

 厚生労働省は1月16日、日本で初めて新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が発生したと発表した。患者は中国武漢市に滞在歴がある神奈川県在住の30代の男性。1月3日から発熱があり、1月6日に中国武漢市から帰国、同日医療機関を受診し、武漢市への滞在歴の申告があったことから国立感染症研究所で検査したところ、1月15日20時45分頃に新型コロナウイルス陽性の結果が出た。この男性は1月10日から入院していたが、1月15日に症状が軽快したため退院した。
 滞在先での行動歴については、本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。中国において、詳細不明の肺炎患者と濃厚接触の可能性があるとしている。

 

※厚労省からの国民へのメッセージ