2019.10.15

WING

防衛省、自衛隊殉職隊員追悼式で新たに12柱追悼

 防衛省は10月13日、自衛隊殉職隊員追悼式を実施。令和元年度顕彰者は陸上自衛隊4柱、海上自衛隊4柱、航空自衛隊3柱、その他1柱の合計12柱になり、参列した安倍晋三内閣総理大臣および河野太郎防衛大臣らは、これまでの1976柱に対して哀悼の意を表した。
 このほど新たに追悼した12柱は、去年9月1日から今年8月31日までに公務による死亡の認定を受けた隊員によるもの。その中には、今年4月に三沢基地で発生したF-35A墜落事故で亡くなったパイロットの細見彰里2佐も含まれる。今年の式はあいにくの天候不良によって、慰霊碑ではなく庁舎内の講堂で実施。国歌斉唱後、河野大臣が新殉職隊員の名簿を奉納した。
《新殉職隊員》
〈陸上自衛隊〉
▼三木則孝3佐=第3飛行隊
▼山田祐聖3曹=西部方面後方支援隊第103施直支大隊
▼川久保努曹長=第1高射特科隊
▼齋藤純1曹=第39普通科連隊
〈海上自衛隊〉
▼田中浩曹長=佐世保警備隊佐世保陸警隊
▼西森文彦2尉=補給艦ときわ
▼高野泰賢元3尉=元第1海上訓練指導隊付
▼篠木政夫元准尉=元横須賀基地業務隊本部補充部付
〈航空自衛隊〉
▼雨宮太朗将補=航空幕僚監部
▼冨里祐樹3曹=航空救難団救難教育隊
▼細見彰里2佐=第3航空団
〈機関〉
▼内田大介学生=防衛大学校

 

詳しくは、弊社WEBサイトhttp://www.jwing.net/calendarをご確認ください。
また、WINGカレンダー2020には、ARアプリで見られる特典映像がついています。
スマートフォンなどにARアプリ「COCOAR2」をダウンロードしていただき、各月の画像をスキャンしていただくと特典映像がご覧いただけます。
詳しくは、弊社WEBサイトhttp://www.jwing.net/calendar/arをご確認ください。

 

※写真=追悼の辞を述べる安倍総理(防衛ホーム代表)

※写真=河野大臣が新殉職隊員名簿を奉納(防衛ホーム代表)