2019.09.11

WING

ジェットスター・ジャパン、2023年に35機体制に

来年半ば導入のA321LR、まずは札幌・福岡・那覇ら幹線に

 ジェットスター・ジャパンが現在25機体制となったフリートを、2023年には35機体制へと拡充する方針を明らかにした。9月10日に都内で開いた決算会見で、片岡優社長が明らかにした。
 今後2023年までに10機を新たにフリートに加える計算だが、そのうちの3機は、昨年導入を発表したA320neoファミリーのA321LR。残りの7機については「どのような機材にするか、これから決めていく。今後の機材計画、路線計画などを勘案すると、恐らく同じような機材になるのではないか。ただ、確定はしていない」とコメントした。一方で「A320ceoの生産は終了することから、追加で導入する可能性はない」ともしており、現在のA320ceoと同サイズのA320neoを新規に導入することのほか、A321LRの追加導入も含めて、機材計画の検討を深掘りを進める方針だ。いずれにしろ、ジェットスター・ジャパンのフリートは、A321LRの導入を機にA320neoファミリーへと世代交代が進むことになりそうだ。
 ジェットスター・ジャパンが新たな翼として迎えるA321LRは、来年半ばからその導入をスタートする。片岡社長は「ちょうど今から一年後以内にはA321LRの1号機が入ってくるだろう」とコメント。その最初の3機については、「現在国内線で運航中の需要の高い基幹路線。札幌、福岡、沖縄線について、A320ceoから座席数の多いA321LRへと切り替えていく」方針を明らかにした。同様に運航中の高需要の国際線についてもA321LRを投入する計画だ。
 なお、A321LRは最大で244席の座席を設定することが可能で、運航中のA320ceoの180席と比べると、大幅に座席数を増やすことが可能となり、旺盛な需要の更なる取り込みを狙う。

 

航続距離の利点を活かし中距離国際線
東南アジアンリゾート展開は4号機以降か

 

中距離国際線進出で機内Wi-Fi導入検討も
新薄型シートでUSBポートなども視野

 

※写真=ジェットスター・ジャパンはA321LRを来年半ばから導入を開始する。現在のA320ceoフリートは今後「neo」へと世代交代する。写真はジェットスター・ジャパンのA320ceo