2018.05.15

ウイングトラベル

花角海上保安庁次長が辞職、新潟県知事選出馬へ

観光政策に精通、佐渡市出身で副知事経験も

 国土交通省の花角英世海上保安庁次長が5月15日付で辞職し、新潟県知事選挙に出馬する意向を固めた。本日午後に新潟市内で会見する予定。
 花角英世(はなずみ・ひでよ)氏は1958年5月22日生まれの59歳、新潟県佐渡市出身。1999年10月から2000年7月まで当時運輸大臣だった二階俊博自民党幹事長の大臣秘書官をつとめたほか、2006年7月から観光事業課長(現観光産業課に相当)、2008年7月から観光政策課長(現総務課に相当)、2008年10月から観光庁総務課長を務めるなど、観光産業や観光政策に精通している。大阪航空局長や大臣官房審議官などを経て、2013年4月から新潟県副知事、2015年9月から海上保安庁次長を務めた。
 新潟県知事選は5月24日告示、6月10日に投票が行われる。
 花角氏の辞職に伴い、後任の海上保安庁次長には一見勝之総合政策局次長が就任。総合政策局次長は松本年弘公共交通政策部長が兼務する。