2019.06.03

WING

航空科学博物館、8月1日開館記念日でリニューアル

新設の「体験館」、フライトシミュレーターも設置

 千葉県芝山町の「航空科学博物館」が8月1日の開館記念日に合わせて、開館30周年リニューアルを行う。展示施設を大幅に更新する上、航空の仕組みを身近に触れることができる「体験館」を新設する。また、東棟2階のNAAコーナーも併せて刷新する。新たに4つの展示を加えて、子どもも大人も楽しめる内容となる。
 同博物館新設の体験館は、2階建て、延床1084平方メートルの施設。天井高10メートルの吹き抜けを活かした折り紙教室など、200人の収容が可能な多目的ホールの機能も有する。2階部分には、有料施設として737MAXや777のシミュレーターを設置する。また、航空会社の協力によるモックアップの設置を予定している。さらにバリアフリーに対応した展望台を設置して、誰もが気軽に空港を臨む風景を楽しむことができる。