2019.05.16

WING

経産省/JAXA、「Tellus」で「つばめ」画像データ公開に合意

 経済産業省と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月15日、超低高度衛星技術試験機「つばめ」の画像データを、衛星データプラットフォーム「Tellus」で公開することに合意した。
 両者は衛星データを活用したビジネス創出を促進する観点から、「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備・データ利用促進事業」を展開。ユーザにとって使いやすい衛星データプラットフォームとして「Tellus」の開発を進めてきた。今年2月21日には、「Tellus」プロトタイプ版を一般公開することに漕ぎ着けていた。
 そうしたなかで「Tellus」を通じて新たに画像データを公開することが決まった「つばめ」は、4月2日~5月10日までの間、超低軌道(約270km)から東京都心を毎日16時半頃に定点観測。その後、段階的に高度を下げ、今年9月頃にかけて撮像実験を行う。そこで撮影した観測データを「Tellus」で公開することになるという。

 

※画像=「つばめ」が4月5日に撮影した国立競技場周辺(提供:JAXA)