2019.02.15

ウイングトラベル

JOTC、「韓国絶品グルメ30選」を選定

韓国の地方都市周遊を促進、旅行需要喚起へ

 JATAアウトバウンド促進協議会(JOTC)の東アジア部会は韓国の旅行需要喚起を狙い、韓国の食に着目した「韓国絶品グルメ30選」を選定したと発表した。今回選定した30選は韓国各地方の名物料理を一番美味しい時期に周辺の観光地の訪問とともに体験してもらえるようなものを選定した。今後はセミナーや視察旅行などを行っていき、商品化につなげていく。
 韓国への日本人旅行者数は2012年に約350万人となったのをピークに、政情不安などさまざまな課題を理由に長く伸び悩んできた。しかし、昨年の平昌冬期五輪を契機に日本人訪問客数が上昇する格好となった。この流れをさらに上向かせていくために今回の企画を展開することにした。
 選考にあたっては事前に応募があった80点の料理の中から昨年9月から10月にかけてJOTC東アジア部会韓国ワーキングに登録のある旅行会社や航空会社の社員が選考し、20点を選出。これに韓国観光公社(KTO)からの特別推薦も加え30選を決定した。
 30選の選定にあたって、JOTC東アジア部会の江利川宗光部会長(ジャルパック社長)は「韓国のさらなる魅力を知ってもらう上で、本場の味を届けること、まだ日本人に知られていない料理を紹介すること、最も良いシーズンに料理を味わってもらうこと、そして、地方で愛されている料理から選ぶことにこだわった」という。

韓国絶品グルメ30選の一覧は以下の通り。
▼全州ビビンバ(全州・全羅北道)
▼水原王(ワン)カルビ(水原・京畿道)
▼黒豚焼肉(済州・済州特別自治道)
▼サムゲタン(参鶏湯)(大田・大田広域市)
▼ソルロンタン(大田・大田広域市)
▼テジクッパ(釜山・釜山広域市)
▼ジャージャー麺(仁川・仁川広域市)
▼春川タッカルビ&マックッス(春川・江原道)
▼サムギョプサル(清州・忠清北道)
▼全州マッコリ(全州・全羅北道)
▼ユッケビビンバ(醴泉郡・慶尚北道)
▼プテチゲ(議政府市 平沢市・京畿道)
▼ワタリガニ料理(仁川 松島・仁川広域市)
▼カムジャタン(全州など・全羅北道)
▼アワビの釜飯(済州・済州特別自治道)
▼機張(キジャン)大蟹(釜山・釜山広域市)
▼アワビ料理(莞島郡・全羅南道)
▼ナクチポックム(釜山・釜山広域市)
▼カルグクス(公州・忠清南道)
▼横城韓牛(横城郡・江原道)
▼松茸料理(襄陽郡・江原道)
▼マクチャン(大邱・大邱広域市)
▼松汀(ソンゾン)トッカルビ(光州・光州広域市)
▼蓮の葉包みごはん(扶余・忠清南道)
▼安東チムタク(安東・慶尚北道)
▼羅州コムタン(羅州・全羅南道)
▼高敞風川うなぎ(高敞・全羅北道)
▼チムカルビ(大邱・大邱広域市)
▼ナクチ料理(務安郡・全羅南道)
▼馬山アグチム(昌原・慶尚南道)

※写真=「韓国絶品グルメ30選」のキャンペーンロゴ

※写真=30選の内容やプロモーション方針を説明するJOTCの江利川宗光東アジア部会長