2021.03.02

WING

ロールス・ロイス、全電動航空機の地上走行に成功

今春初飛行、全電動機の世界最高速に挑戦迫る

 

 ロールス・ロイスは3月1日、世界最速の全電動航空機として開発を進めている「スピリット・オブ・イノベーション号」の地上走行に成功したことを発表した。ロールス・ロイスでは今春にも同機を初飛行させることを目指している。
 この「スピリット・オブ・イノベーション号」には500馬力(400KW)の電動パワートレインを動力としている。このパワートレインとバッテリーシステムによって、フルパワー時には時速300マイル(時速482km上という電動飛行機として世界最高速を達成することを目指す。ちなみに、これまでの世界最速記録は2017年に記録された時速212マイル(時速約341km)だ。

 

※写真=世界最速の全電動航空機を目指すロールス・ロイスの「スピリット・イノベーション号」が地上走行。今春、初飛行を実施する計画だ(提供:ロールス・ロイス)