2021.03.01

ウイングトラベル

★観光立国推進基本計画の改定へ、観光分科会開催

 観光庁、コロナ禍で中長期目標どう定めるか注目

 観光庁は3月2日に交通政策審議会観光分科会を開催し、観光立国推進基本法に基づく「観光立国推進基本計画」の改定について審議する。「観光立国推進基本計画」には、2030年の訪日外国人旅行者数6000万人をはじめ、観光に関する各種政府目標が盛り込まれている。新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けて、2020年の訪日外国人旅行者数4000万人をはじめとする目標が未達となる中で、今後の中長期目標をどのように定めるのか注目されている。