2021.01.14

WING

SKY12月実績、搭乗者数は対前年比45.7%減

11月に41万人に回復も12月は34万人縮小

 スカイマークがこのほど発表した12月の旅客輸送実績によれば、搭乗者数は34万5433人に留まり、対前年同月比45.7%減少したことが明らかになった。政府のGoToトラベルキャンペーンに東京が追加された11月には41万5843人と、40万人台まで旅客数が回復してきていたが、12月に入ると感染第3波が深刻化して、再び40万人を大きく割り込んでしまったかたちだ。
 スカイマークの12月の座席供給量は・・・・・・・。

※写真=スカイマークの12月の旅客輸送実績がまとまった。旅客数は34万人に留まり、前月11月の41万人から回復が後退。コロナ感染第3波が影響した