2021.01.14

ウイングトラベル

★菅首相、大阪など7府県に緊急事態宣言発出

 日中も外出自粛を、事業者に最大限の支援

 菅義偉首相は1月13日、首相官邸で第52回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、関西の大阪、兵庫、京都、中部の愛知、岐阜、福岡栃木の2府5県の7自治体に対して緊急事態宣言を発出した。期間は既に発出している東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県と同じ2月7日まで。これにより、緊急事態宣言は11地方自治体に及ぶ。
 菅首相は「年末からの首都圏、とくに東京での急速な感染拡大に加え、年明けからは中京圏、関西圏などでも感染者数が急増し、強い危機感を持っている」と述べ、同日の諮問委員会の議論を踏まえ、大都市圏から全国に感染が広がる前に対策を講じる必要があるとして、7府県の緊急事態宣言発出を決めた。
 菅首相はこれまでの新型コロナウイルス感染防止対策の経験に基づき、(1)飲食店の夜8時までの時間短縮(2)不要不急の外出自粛(3)テレワーク7割化(4)スポーツ観戦・イベントの入場制限の4つを徹底化する方針を改めて示した。
 菅首相はその後の会見で、「かねて感染リスクが最も高いと言われている飲食は、夜8時までの飲食店の時間短縮を要請し、不要不急の外出は、飲食店が閉まる夜8時以降だけでなく、日中も控えるようお願いする。昼間の時間帯や夜8時までも酒を飲んで大きな声を出す、距離を取らずに座るなど、感染リスクの高い飲食を避けていただきたいことはもちろんのこと」と国民に感染対策の徹底を求めた。

 

 11都府県以外の追加「緊急事態宣言に準じる」
 4つの対策行う場合、事業者に同じ支援実施
 ビジネス・レジデンストラックも一時停止
 菅首相「11カ国から変異株の事例はない」

※写真=7府県の緊急事態宣言発出で記者会見する菅首相