2020.12.01

WING

JAL、目的地まで手荷物配送の実証実験開始

CBclouud、三菱地所と提携、ニューノーマル対応

 日本航空(JAL)は12月1日から、CBclouud(東京都千代田区、松本隆一CEO)、三菱地所(東京都千代田区、吉田淳一社長)と提携して、出発地から目的地まで手荷物を当日配送するサービスの実証実験を開始した。まずは第1弾として羽田-高松線で実験を行うとして、当日配送サービスの内容と価格の受容性や、事業者間の連携およびオペレーション体制について確認する。
 このサービスは、ニューノーマルに対応するもので、シームレスな移動と接触機会の低減を提供する。JALがサービス全体の企画やプロモーションを行って、予約・決済サービスを提供する。CBcloudが提供する荷主と配送パートナーをつなぐマッチングサイト「PickGo」を活用して、陸路配送を実施することになる。三菱地所では、移動拠点の提供・運営を行う。
 配送サービスの利用に当たっては、これまで対面で配送申込みおよび決済を行っていたが、これをオンライン化することで時間や場所を選ばずに実施することができる。・・・

 

※予約サイト
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/dom/201125/index.html

 

※図=手荷物の当日配送サービスの利用イメージ(提供:JAL)