2020.11.27

ウイングトラベル

★旅行業の事業廃止、11月の官報掲載43社

 第1種も4社、年末へコロナ第3波も不安要素

 新型コロナウイルスにより旅行業を巡る経営環境は依然として危機的状況が続いている。11月に官報公示された旅行業者の事業廃止に伴う営業保証金や弁済業務保証金の取戻し公告は計43件となり、引き続き高水準で推移した。第一種旅行業による事業廃止も4社にのぼった。コロナ感染症の第三波到来に伴い札幌市、大阪市を目的地とする旅行がGo Toトラベルの対象外となるなど、旅行業を下支えしている国内旅行市場の先行きも不透明で、年末年始に向けてさらに事業廃止を選択する事業者が増えないか懸念される。
 新型コロナウイルスによる影響が深刻化した今年4月以降では、4月79社、5月90社、6月58社、7月44社、8月52社、9月39社、10月47社、11月43社で推移しており、4-11月の累計は452社に達した。