2020.11.20

WING

プロドローン、東京都の物資搬送調査・検証に機体投入

奥多摩町で検証、年度内に檜原村と日の出町でも

 プロドローンは11月18日、東京都が実施する「ドローンを活用した物資搬送のための調査・検証事業」において、同社が新規に開発した「PDI6B-Type3」を提供することを発表した。同事業はKDDIが受託したもので、プロドローンが開発した機体は目視外自律飛行に対応したものだという。
 東京都は今年11月19日に、KDDIのモバイル通信による目視外自律飛行を実現するスマートドローン運行管理システムなどを活用し、災害発生時における孤立地域へのドローン緊急物資搬送の実証実験を奥多摩町峰谷地区で実施する。奥多摩町のほか、年度内に檜原村、日の出町へと実施地域を拡大していく計画だ。
 昨年10月に発生した台風19号では、奥多摩地域の都道の崩落により、一部地域で交通が遮断され、集落の孤立が発生。そこで東京都は、ドローンによる物資搬送を実施したが、飛行ルートの事前検証などの準備に時間を要することや、ドローン自体の荷物積載力に課題がみられた。・・・

 

※写真=目視外飛行にも対応するプロドローン製の「PDI6B-Type3」(提供:プロドローン)