2020.09.17

ウイングトラベル

★旅工房4-6月期、純損失4億5200万円

 売上高98.1%減、国内ツアー販売、費用削減

 旅工房が発表した2021年3月期の第1四半期(4〜6月)連結決算は、売上高が前年同期比98.1%減の1億5000万円、営業損失は6億5500万円(前年同期は8100万円の黒字)、経常損失は6億4800万円(8000万円の黒字)、四半期純損失は4億5200万円(4700万円の黒字)と赤字に転じた。
 新型コロナウイルスの影響で旅行業界は渡航制限や入国規制等の影響を受けて旅行需要が大幅に減退。4〜6月の日本人出国者数は前年同期比99.6%減の約2万人と著しく減少している。