2020.09.16

WING

ロシア、オホーツク海で米空軍B-1Bに緊急発進

太平洋艦隊MiG-31と東部軍管区Su-35Sが対応

 ロシア国防省は9月15日(ロシア現地時間)、ベーリング海およびオホーツク海の公海上で米空軍のB-1B戦略爆撃機に対し対領空侵犯措置を行ったと発表した。
 対応したのは露海軍太平洋艦隊のMiG-31戦闘機2機と東部軍管区のSu-35S戦闘機。ロシア国防省は、「待機中のMiG-31戦闘機2機が直ちに迎撃に上がり、領空侵犯を阻止するとともに目標機を 米空軍のB-1Bと識別した」と述べている。

 

※写真=対領空侵犯措置をとるMiG-31戦闘機のイメージ(提供:ロシア国防省)