2020.09.16

ウイングトラベル

★阪急交通社、ワーケーションの提案を推進

 企業・団体向けにセミナーやモニターツアー
 
 阪急交通社は仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」を企業や団体に提案する活動を推進する。ワーケーション専用のWEBページを解説したのを始め、10月14日にオンラインセミナーを開催する。さらに来年1月には長崎県五島列島でワーケーション体験モニターツアーを実施する。
 新型コロナウイルスの感染予防策や働き方改革への取り組みが進む中でここ最近、企業ではワーケーション導入の検討が加速している。
 阪急交通社はこれまで全国の自治体や地域との関係構築に努め、旅を通じて人々の交流による地域活性化を図ってきた。
 同社はひとつの地域に暮らすように旅する長期滞在型ツアーや労働力を提供する農業観光ツアーなどこれまで培ってきた企画力を活かし、ワーケーションを推進していくこととした。
 ワーケーション導入を検討する企業や団体の担当者にセミナーやモニターツアーの機会を提供することで、ワーケーション導入に向けてのプロセスやノウハウを提供することで個々の企業の抱える課題を浮き彫りにしその解決をサポートする。

 

※ワーケーション専用WEBページ
https://www.hankyu-travel.com/hojin/workation/

 

※画像=阪急交通社はワーケーションの実施を推進。セミナーやモニターツアーを実施する。