2020.08.05

ウイングトラベル

★世界の新型コロナ感染者、4日連続で減少

 米、ブラジル減速もスペインなど欧州に第2波

 ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(JHU-CSSdE)の集計によると、8月3日の感染者数は20万2500人と4日連続で減少した。米国、ブラジル、ロシア、南アフリカが減速する一方で、インドが高止まりを続けている。また、スペインを筆頭に欧州各国が再び感染者が増加し、「第2波」の兆候として警戒を強めている。
 8月4日午前9時半現在の新型コロナウイルス感染症の累計患者数は、世界188カ国・地域で1844万8084人、死亡者数は69万8232人、快復者数は1104万8642人に達した。
 国・地域別では、3日は米国が4万5400人と前日からさらに下がり、2日連続で4万人を記録した。カリフォルニア州4700人、フロリダ州4800人、テキサス州8500人。ニューヨーク州は545人と横ばいで推移。ただ、ハワイ州が206人と過去最多を記録した。ハワイの累計感染者数は2591人。
 3日の感染者数は、ブラジルが1万6600人と6月21日以来の13日ぶりの1万人台を記録した。インドは5万2000人と高止まり、ロシアは5400人と漸減傾向。南アフリカは5400人と6月24日以来9日ぶりに5000人台に下がった。

 

※世界の新型コロナウイルス感染者推移(出典:JHU-CSSE)

 

※スペインの新型コロナウイルス感染者推移(出典:JHU-CSSE)