2020.08.04

ウイングトラベル

★菅官房長官「旅行関係者は瀕死の状態」

 Go Toトラベルで「生活を守ることも重要」

 菅義偉内閣官房長官は8月3日の会見で、Go Toトラベル事業に言及し、「地域に密着し、地域を支える全国900万人の旅行関係者が、まさに現実的には瀕死の状態の中で、旅館、ホテルは対前年稼働率が約1割。そうした人々の生活を守っていくことも政治にとって極めて重要なこと」と強調した。
 Go Toトラベルについては、「これまでも申し上げてきたとおり、感染対策をしっかり講じたホテルや旅館を対象にしており、また利用者の方々が三密を避ける、手洗い、マスク、大声を出さないといった基本的な感染対策を徹底すれば、感染リスクをかなり抑えることができる」と改めて指摘した。
 菅長官は「そうしたことを含めて、悩みながら感染拡大を防止すると同時に、社会経済活動を進めていくことについて慎重に判断しながら動いている」と述べた。

 

※会見する菅官房長官(出所;官邸公式サイト)