2020.08.04

ウイングトラベル

★6月の国内宿泊者数、69.6%減1394万人泊

 5月からは減少幅が改善、日本人は62.0%減
 
 観光庁が発表した宿泊旅行統計によると6月の国内延べ宿泊者数(第1次速報)は前年同月比69.6%減となった。このうち日本人延べ宿泊者数は62.0%減の1376万人泊となった。外国人の延べ宿泊者数は98.2%減の18万人泊にとどまった。緊急事態宣言の解除や6月19日以降の都道府県をまたいだ移動の解禁により、前月より減少幅が少なくなったものと見られる。
 5月の延べ宿泊者数は前年同月比84.9%減だったが6月は69.6%減と15.3ポイント改善する結果となった。また、日本人宿泊者数も81.6%減から62.0%減と19.6ポイント改善している。