2020.07.29

WING

三菱重工業、海外向けF-35組立受託を検討

阿部セグメント長、「アジア向けなど可能性も」

 

 三菱重工業防衛・宇宙セグメントの阿部直彦セグメント長(執行役員)が本紙のインタビューに応じて、同社が最終組立を担当しているF-35Aについて、「ロッキード・マーティンが米国で組み立てているF-35について、その一部を日本で組立を担当することができれば、日本、ロッキード・マーティン双方にメリットがあるのではないか」と話し、海外向けF-35の組立の一部を、日米政府間防衛協力の下に、三菱重工業の小牧南工場にある最終組立・検査工程(FACO)で受託する期待を明かした。仮に三菱重工業のFACOで受託することができれば、FACOによる組立コストがさらに低下することが予想され、同機の調達を進める防衛省・航空自衛隊にとっても、大きなメリットに繋がることが期待されそうだ。
 阿部セグメント長は「(米国やロッキード・マーティンらと)現段階で交渉はしていない」と前置きしつつ、「ロッキード・マーティンのフォートワース工場にある生産ラインがひっ迫してきていると推測している。F-35の最終組立ラインは、日本を含めて3カ所しかない」として、諸外国向けのF-35の組立或いは整備の一部を受託することができないか、その可能性を模索していく考えを明かした。

 

 低コスト化に成功した国内FACO
 治工具や手順工夫で手数少なく

 

 コロナ影響、防衛予算縮減を懸念
 次期中期計画、既存路線軸に磨き

 

※写真=三菱重工業は小牧南工場で展開している航空自衛隊向けFACOを活用してロッキード・マーティンが米国で組み立てる諸外国向けF-35の組立を受託することを検討(提供:航空自衛隊)