2020.07.06

ウイングトラベル

★欧州、海外渡航自由化へ入国制限解除開始

■英国政府、10日以降、日本から入国隔離免除

 EU理事会の勧告を受けて、主要EU諸国は、海外渡航自由化に向けて動き出した。各国ともに日本を含むEU域外の国・地域に対して、入国規制を緩和するとともに、14日間の隔離制限を解除した。
 英国政府は6月8日から全ての英国への入国者に対して14日間の自己隔離を義務付けてきたが、7月10日からEU域内や日本、韓国、タイなどを含む免除リストの国・地域からイングランドへの入国者は自己隔離の義務を免除すると発表した。
 同免除措置は、イングランド入国に対してのみ適用される措置で、スコットランド、ウェールズ及び北アイルランドへの入国はそれぞれの地方政府が別途公表するとしている。

 

■フランス政府、日本などの入国規制免除開始

 フランス政府は7月1日から欧州域外の日本、韓国、タイなど13カ国からの入国規制を解除した。フランスへの入国には、「国際移動適用除外証明書」、「新型コロナウィルスの症状がない旨の宣誓書」携行、14日間の自主隔離が不要となる。

 

■スペイン、4日から日本などの入国制限解除

 スペインは7月4日から日本などEU・シェンゲン域外国居住者に対して、スペイン入国制限の一部を解除した。当面、7月31日まで有効とする。
 入国制限解除対象国は15カ国で、日本,韓国,中国、タイ,オーストラリア,ニュージーランド,カナダ,セルビア,ジョージア,モンテネグロ,モロッコ,チュニジア,アルジェリア,ルワンダ,ウルグアイ。ただし,中国、アルジェリア,モロッコは相互主義が条件。