2020.07.01

ウイングトラベル

★NY州など3州、入境隔離対象を16州に拡大

 カリフォルニア、ジョージア等8州を追加

 新型コロナウイルスが全米各州に核出していることを受けて、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州の3州は6月30日、移動勧告の対象州を8州から16州へ拡大した。これにより、当該16州から3州に入境する場合は、14日間の隔離措置が取られる。違反者には罰金を科すことがあり、ニューヨーク州は初回2000ドル、2回目5000ドル、それ以降1万ドルと規定している。
 新たに対象に加わったのはカリフォルニア、ジョージア、アイオワ、アイダホ、ルイジアナ、ミシシッピ、ネバダ、テネシーの8州。これに従来のアラバマ、アーカンソー、アリゾナ、フロリダ、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テキサス、ユタの8州が加わる。