2018.06.26

WING

SASナッセン上級副社長、羽田-コペンハーゲン計画

日本路線にA350-900型投入へ

 スカンジナビア航空のアンネリー・ナッセン上級副社長がこのほど来日して、「我々の計画では、A350-900型機を日本路線に投入する」ことを正式に明らかにした。ナッセン副社長によれば、「A350XWBを投入することで座席数が全体で20%増加することになる。さらに、現在よりもビジネスクラス座席数を増加する」としており、成田-コペンハーゲン線に投入しているA340に比べて、総座席数の増強はもちろん、欧州への業務渡航などで人気の高い、同航空ビジネスクラスシート設定数も増やす方針を明かした。
 その上で、羽田空港の国際線発着枠増強が今後進められることになるが、「我々は謙虚に今後の決定プロセスを見守っていかなければならない」としながらも、「(羽田就航の可能性があるのであれば)我々サイドとしては、羽田・成田両空港から運航することができればと願っている」ことにあらためて言及。「今後機会があれば、A350XWBを羽田-コペンハーゲン間にも導入していきたいと考えている」ことを明らかにした。スカンジナビア航空としては現在、羽田枠を取得することができれば、現在運航中の成田-コペンハーゲン線を羽田発着に切り替え、一方の成田発着便については成田-ストックホルム線としたい意向だ。
 ナッセン上級副社長は「日本では訪日旅客数を更に増加していくという国としての目標を掲げておられる。弊社としては、より多くの欧州からのお客様を日本に連れてくることに貢献することができると期待している」とコメント。「我々はスカンジナビア地域の旅客がコア顧客となっているし、スカンジナビアのフリークエント・フライヤーをみても、市場シェアが非常に大きいことが特徴。現在、スカンジナビア市場において70%のシェアを有している」ことに言及。「今後の成長を考えると、是非、我々も訪日旅客4000万人という目標に貢献していきたい」との見方を示し、「我々はビジネスクラスを拡大していくが、いわゆるレジャー顧客層、観光目的で来日する方々をより多く日本にお連れすることができるだろう」とし、訪日旅客数拡大に向けて、スカンジナビア航空としても貢献することができることを強くアピールした。

スカンジナビアでも訪日人気、「予約は非常に好調」
日本とスカンジナビアの割合は50:50に

 スカンジナビア航空は1951年に日本線を開設。当時はストックホルム-羽田線で、所要時間は片道55時間もの時間を要していた。1957年に世界で初めてコペンハーゲン-羽田線で、いわゆる北極ルートを開設。アンカレッジを経由することで所要時間を32時間半にまで短縮することに成功した。その後は1971年にシベリア上空ルートが切り開かれたことで、モスクワを経由して13時間とした。
 そうしたなか現在運航中のコペンハーゲン-成田線についてナッセン上級副社長は、「具体的に数字は通常お話できない」としながらも、「全般状況としては予約状況は非常に良好」と高く評価。「とくにビジネスクラスについても一年中好調をキープしている」ことを明らかにした。
 成田線が好調な背景について、「スカンジナビアから日本を訪問したいうというニーズが増えている」とし、「現在では日本発と欧州発の割合に関しては、おおよそ50:50」に達していることを明かした。一昔前ならば、「日本からのお客様が70%、スカンジナビアのお客様が30%」という比率だったものの、「現在では大きくシェアが変化しており、スカンジナビアの多くの方々が、日本を訪問したいという願望が強くなっている」という。
 また、「我々はコペンハーゲン空港をハッスル・フリー、すなわち面倒なことがあまりない空港だといっている」との見方を示し、同航空が欧州の他地域への玄関口として、日本人旅客からも人気が高いことに言及。「スカンジナビアのDNAに活用するための投資を行って、サービスを開始している」とし、「とくに長距離線については、客室内装への投資を進めており、北欧の食事を楽しんでいただくことができる」など、機内で北欧文化を楽しむことができることに触れた。