2020.06.09

WING

STエンジニアリング、米子会社がサイバー攻撃

ランサムウェアで複数の商用事業に影響

 航空宇宙大手のシンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング(STエンジニアリング)の米国内子会社であるVTサンアントニオ・エアロスペースが、ランサムウェアによる攻撃を受けた。去る6月5日(テキサス州サンアントニオ現地時間)、明らかにした。
 STエンジニアリングによれば、Mazeランサムウェアによって、VTサンアントニオ・エアロスペースのネットワークに対して不正アクセスを行い、攻撃を受けたことが発覚したという。
 STエンジニアリングが進めている調査によると6月7日現在、・・・・・・・・・。