2020.05.26

ウイングトラベル

★緊急事態解除、6月19日から国内旅行再開へ

 5都道県以外は6月1日から個人旅行スタート

 政府は5月25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、4月7日の発出から7週間弱を経て、残る首都圏1都3県と北海道の緊急事態措置の解除を正式に決定し、全国的に経済社会活動が再開する。既報の通り、不要不急の外出自粛は42府県が5月31日まで、首都圏1都3県と北海道は6月18日までで、42府県が6月1日から、首都圏1都3県と北海道を含めた全国で6月19日から国内旅行が再開する。
 政府は、5月25日から7月31日までの緊急事態措置解除後の段階的緩和目安を公表した。それによると、「ステップ1」は県をまたぐ不要不急の移動は5月31日まで避け、6月1日から解除する。ただし、5都道県相互間、5都道府県と他の都道府県との間の不要不急の移動は6月18日までは慎重な検討を促す。
 6月19日から「ステップ2」に入り、5都道県相互間、5都道府県と他の都道府県との間の移動を促し、国内の移動、旅行が全面的に再開する。
 これに伴い、観光振興に関しては、6月18日の「ステップ1」までは県内の観光振興から徐々に取り組み、6月19日の「ステップ2」以降に全国都道府県をまたぐ観光振興に取り組む。その際に、観光地で人と人との間隔を確保するよう周知する。
 ただ、首都圏1都3県と北海道以外の42府県は、6月1日から県をまたぐ移動が始まるため、6月1日には事実上国内旅行がスタートするとみられる。

 

 7月下旬から「GoToトラベルキャンペーン」
 8月に国内観光本格再開、海外・訪日旅行始動

 そして、7月10日からは「ステップ3」に入り、都道府県をまたぐ国内観光が始まり、「GoToキャンペーン」、「GoToトラベルキャンペーン」よる観光復興支援が7月下旬からスタートする。
 この三段階の移行期間が終わり、感染状況を見ながら、8月1日からは新たな段階に入る。8月からは「GoToキャンペーン」「GoToトラベルキャンペーン」が本格化し、夏休みの国内旅行本格リカバリー、さらには各国の感染状況、出入国受け入れ状況を見ながら、海外旅行、訪日旅行の再開に動き出す。

 

 安倍首相「6、7月に日常を段階的に取り戻す」
 次なるステージへの一歩、新たな日常つくる

 安倍首相は「日本各地へ観光旅行に再び出かける日を心待ちにしている皆さんも多い。感染状況に目を凝らしながら、来月、再来月と、そうした日常を少しずつ段階的に取り戻していく。そのための具体的な道筋について示した」と、新しい生活様式に基づく段階的緩和の目安について述べた。

 

※写真=緊急事態措置解除を正式決定した新型コロナウイルス感染症対策本部(出典:首相官邸公式サイト)

 

※表=緊急事態措置解除後の3段階の段階的緩和目安